4人に1人は乗り換えを検討、うち2割以上が楽天モバイルを検討【MMD研究所調査】

MMD研究所は3月14日、「2024年2月通信サービスの乗り換え検討に関する調査」の調査結果を公開しました。この調査は18歳~69歳の男女40,000人を対象に2024年2月2日~2月5日の期間で実施されたものです。

アンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計しています。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

今の通信サービスから乗り換えを検討しているのは26.9%

現在利用している通信サービスからの乗り換え検討を聞いたところ、「他の通信サービスへの乗り換えを検討している」は26.9%、「解約を検討している」は3.2%、「検討していない」は69.9%となりました。

乗り換えを検討する理由は、「料金が高い」「他社のサービス、特典を魅力的に感じる」「通信が繋がりにくい」

乗り換えを検討する理由を聞いたところ、「料金が高いから」が30.4%と圧倒的に多く、次いで「他社のサービス、特典を魅力的に感じるから」が11.0%、「通信が繋がりにくいから」が10.4%と続きます。楽天モバイルは比較的目立った移行先がなく、MVNOは楽天モバイルか別のMVNOへが多いようです。

icon-orefolder

ドコモは最近「繋がりにくい」が増えているようなので、これもキャリア別に見たら差があるかもしれませんね。

乗り換え先で最も検討されているのは「楽天モバイル」

現在利用している通信サービスから他の通信サービスへ具体的な乗り換え先を検討している方に、乗り換え先として最も検討している通信サービスについて聞いたところ、「楽天モバイル(MNO)」が22.5%と最も多く、次いで「Y!mobile」が13.6%、「UQ mobile」が12.6%でした。

現在利用の通信サービス別でこれを見ると、docomo、au、SoftBankのMNO3キャリアはそれぞれの関連サービス(ahamo、UQ mobile、Y!mobile)への移行が最多でした。


MMD研究所の調査ではより詳しい結果も掲載されています。興味ある方はそちらもチェックしてください。

参考情報

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧