MNO総合満足度トップはLINEMO!次いでpovo!MNOのシェア・満足度調査【MMD研究所調査】

MMD研究所は3月5日、「2024年2月MNOのシェア・満足度調査」の調査結果を公開しました。この調査は18歳~69歳の男女40,000人を対象に予備調査を行い、その中でMNOを利用している18歳~69歳の男女2,700人を対象に2024年2月2日~2月5日の期間で実施されたものです。

調査対象サービス:
docomo、au、SoftBank、ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイル(MNO)、Y!mobile、UQ mobile(それぞれn=300)

  • 2024年2月MNOのシェア・満足度調査
    • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

    メイン回線とサブ回線それぞれのシェア

    メインで利用しているスマートフォンの通信サービス、サブ利用がある方にはサブで利用している通信サービスを聞いたところ、メイン利用のトップはdocomo(27.9%)、サブ利用のトップもdocomo(24.0%)となりました。

    メイン利用におけるオンライン専用プラン(ahamo、povo、LINEMO)は合計9.4%、サブブランド(Y!mobile、UQ mobile)は合計18.5%、MVNOは合計9.6%でした。

    サブ利用におけるオンライン専用プラン(ahamo、povo、LINEMO)は合計14.6%、サブブランド(Y!mobile、UQ mobile)は合計12.7%、MVNOは合計15.2%でした。

    メイン・サブともにオンライン専用プランとサブブランドは微増し、MVNOは微減となっています。

    MNOをメイン利用している中でのシェアを過去の記録と比べると上記の通り。最もポイントが上がったのはUQ mobileで0.6ポイント増です。前回も0.9ポイント増だったので、ここ1年で最も伸びているのがUQ mobileです。

    MNOの総合満足度はLINEMOがトップ、次いでpovo

    各サービスの総合満足度を聞くと、「LINEMO」が最も高く744pt、次いで「povo」が740pt、「ahamo」が724ptでした。

    家族や友人にお薦めしたいかどうか10点満点の点数をつけてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出すと、推奨者から批判者を引いたNPSはLINEMOが-3.0でトップ、次いでpovoが-6.0となりました。

    icon-orefolder

    LINEMOとpovoが評価高くなっているのに対し、ほかは概ね前回よりも数値を下げてます。

    MMD研究所の調査ではここに掲載した以外の結果も掲載されています。興味ある方はそちらもチェックしてください。

    参考情報

    • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
    OREFOLDERの最新情報をお届けします
    author icon
    orefolder

    OREFOLDER編集長。
    1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

    様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

    スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

    ⇨orefolderの記事一覧