停電時にEVで基地局へ電力供給する実験をドコモら3社が実施

NTTドコモとNTT、日本カーソリューションズの3社が災害対策強化として、電気自動車(EV)を活用した基地局の電力救済を行う実証実験を2024年1月12日〜6月30日まで開始すると発表しました。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

3社による合同実証実験

実証実験で利用する基地局救済システムは、ドコモが開発する基地局電力の監視制を担うエネルギー・マネジメント・システム基盤とNTTが研究開発する深層学習によるAI配車システム、日本カーソリューションズがリアルタイムに収集したEVの位置情報や蓄電量走行データなどで構成されています。これらを基に、災害による基地局停電時、EVを高効率的に派遣して早期の電力供給が行われるか調査検討されます。

基地局には非常用のバックアップ蓄電池があり、停電時でも一定時間はユーザーに通信サービスを提供しています。長期の停電時には発電機を配備するなどしており、今回の実証実験では今後社用車として普及が見込まれるEVを有効活用することで、停電時を伴う災害への強化対策を目的としています。

各社の役割は以下の通り。

なお、本取り組みは2024年1月17日からドコモが開催する「docomo Open House’2024」へ出展されます。


その他、詳しい情報はリンク先の公式PDFをご覧ください。

参考情報

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

2002年生まれ、自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 5、最近はAngenieuxのレンズにハマってます。

⇨CloNisの記事一覧