Zepp Health、Amazfit Balanceを日本で発売!Amazfit GTR 4の後継モデル

Zepp Healthは10月24日、Amazfit Balanceを発売しました。これまではAmazfit GTRシリーズとして続いてきた、Amazfitのメインストリームラインの最新作で、価格は41,900円です。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Amazfit Balanceの概要

Amazfit Balanceは、端的に言えばAmazfit GTR 4の後継モデルです。この世代から、Amazfit GTR/GTSシリーズはAmazfit Balanceという名前に変わりました。Amazfit Balanceは、ファッショナブルなデザインと最先端のテクノロジーを取り入れたAmazfit Lifestyleシリーズのフラッグシップモデルに位置づけられています。

Amazfit Balanceの特徴

大きく、明るくなったディスプレイ

ディスプレイは、Amazfit GTR 4の1.43インチから、Amazfit Balanceでは1.5インチに大型化。明るさも、GTR 4の最大1,000nitから、最大1,500nitに上がりました。

体組成測定機能

約10秒で、体脂肪率、筋肉量、基礎代謝などの体組成を測定できるようになりました。

身体と精神の状態が分かる「Readniness Score」

心拍数と心拍変動(HRV)、ストレス、睡眠と睡眠呼吸の質、体温、日常活動などのデータに基づいて、疲労と回復を測定できるReadiness Score機能が搭載されています。

ZEPP OS 3.0

ミニアプリに対応したZEPP OSは、3.0に進化。スマートフォンのDND(Do Not Disturb)と、Amazfit Balanceのおやすみモードを同期できるようになりました。

また、ミニアプリも引き続き利用できるため、実用的なミニアプリからミニゲームまで、様々なアプリが利用できます。

これらのほか、Amazfit GTR 4から引き続き、高精度なデュアル円偏波アンテナを搭載し、6種類の測位システムに対応。標準使用で14日間のバッテリー持ち、ルートインポート機能や、単体での音楽再生機能なども引き続き搭載されています。

カラー


カラーは、左からミッドナイト、サンセットグレーの2色構成となっています。サンセットグレーはバンドがナイロンで、ミッドナイトはリキッドシリコンとなっています。

Amazfit Balanceのスペック

カラー ミッドナイト、サンセットグレー
ボディ素材 アルミニウム合金、強化繊維ポリマー
バンド素材 リキッドシリコン(ブラック)、ナイロン(サンセットグレー)
バンド幅 22mm
タッチスクリーン 強化ガラス、指紋付着防止コーティング、アンチグレアガラスベゼル
ディスプレイ 1.5インチ AMOLED(323ppi、480×480)
センサー BioTracker™ 5.0 PPG バイオメトリック センサー(8PD+2LED)、生体電気インピーダンスセンサー(BIA)、加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、地磁気センサー、環境光センサー、気圧センサー
Bluetooth Bluetooth 5.0 BLE
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー 475mAh(リチウムイオンポリマーバッテリー、標準値)
サイズ 約46 × 46 × 10.6 mm(心拍センサーベース除く)
重量 約35g(バンド含まず)
対応OS Android 7.0以降、iOS 14.0以降
防水性能 5ATM(50メートル)
GNSS(衛星測位システム) GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS、NavIC

より詳細なスペックは公式サイトをご覧ください。

参考情報

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧