Amazon、8インチ画面のスマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を発表

Amazonは9月21日、Alexa対応のスマートホーム製品やスマートリモコンに接続した家電を一括で操作できるスマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を発表しました。

近日発売予定となっており具体的な発売日は明らかになっていませんが、Amazonにて申し込むと販売・予約注文が始まった際にEメールで通知を受け取ることができます。(購入予約ではありません。)価格は25,980円。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマートホームコントロールパネル「Echo Hub」

Echo Hubは、8インチのディスプレイを備えたスマートホームコントロールパネルです。ホーム画面に表示されたウィジェットでよく使う照明の調整、スマートカメラの映像の確認、音楽の再生などを素早く行えます。

このウィジェットはカスタマイズ可能で、ほかにもドアのロック、照明の明るさ、エアコンの調整などの一連の操作を定型アクションとして事前に設定すればワンタッチで利用できます。

また、Echo Hubは、Zigbee、Thread、Bluetooth、Matterの規格に対応したスマートホームハブを内蔵しており、多くのカメラ、照明、ドアのロック、スマートプラグ、エアコン、スピーカーなどに対応しています。

Echo Show 15のように基本的に壁掛けで使用し、背面からケーブルが伸びています。なお、日本未発売のスタンドもあるようです。

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧