Galaxy Z Fold5のデモ機に触れてきました in Galaxy Harakuju

2023年7月27日に発表された「Galaxy Z Fold5」の実機をGalaxy Harajukuでさっそく触ってきました。

「Galaxy Z Fold5」はサムスンが開発した折りたたみスマホで、本体を開くとタブレットになり、閉じるとスマートフォンとして使えるデバイスです。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

実機があるのはGalaxy Harajukuだけ

Galaxy Z Fold5の実機はGalaxy Harajukuでのみ触れます。(7月28日時点)Galaxy HarajukuはGalaxy製品を体験できるGalaxyの直営店で、カフェや大型スクリーンによるコンテンツの上映、チームラボと連携した体験空間などがあります。

筆者もGalaxy Harajukuに何回か行ってますが、Galaxyファンや非ガジェットマニアでも楽しめるはずです。カップルや若い女性のグループ、ファミリーもよく入店していて、入りやすい雰囲気だと思いますよ。(曜日と時間帯によるのかもしれませんが)

なお、Galaxy Z Fold5以外にも、Galaxy Z Flip5、Galaxy Watch6シリーズ、Galaxy Tab S9の展示もありました。当該製品が気になっている人は行ってみるといいかもしれません。

Galaxy Z Fold5

Galaxy Z Fold5は閉じた状態だと縦長でコンパクトです。シュッとしているコンパクトさではなく、丸みのある感じ。いわゆる「機械臭さ」が薄く、ポップな印象を持ちます。

本体を手に取ると、なんともいえない板感があります。ポップなデザインとは裏腹に、無機質な「板」が手に収まっている感覚です。小型ではあるものの、握りやすく、フリック入力も支障なくできます。もちろん、慣れもありますけどね。

本体を開くと「ほぼ、真四角」のタブレットが出現。筆者的には、タブレットではなく、ミニタブレットの方がふさわしい気がします。これもまた、板を持っている感覚に近いです。

ノートPCやNintendo DSiのように、角度を調整しても使えます。画面分割にも対応しているので、上の画面で映像コンテンツを楽しみながら、下の画面でSNSをする、といった使い方もできるはずです。

灰色の太い線は折れ目ではありません。折れ目は縦に沿ってあります

折れ目も気にならず、従来の機種よりも折れ目が薄くなったような?(気のせいかもしれませんが)

開いた本体を閉じると、閉じた時の隙間がないことに気がつきます。板と板がピタッとくっついている感じです。

私物のGalaxy Z Fold3 5Gも同様に隙間があります

先代機種のGalaxy Z Fold4までは折りたたんだ時に隙間があったのですが、折りたたみ時の傾きが減り、より垂直になりました。

カメラも普通に使うぶんには十分きれいな印象でした。0.6倍の超広角カメラに、3倍の光学ズームが搭載されています。(撮影サンプルはありませんが)

Galaxy Z Foldシリーズの最新作!着実な進化を遂げてる!

Galaxy Z Fold5を触って、着実な進歩を遂げているように感じました。筆者は2世代前のGalaxy Z Fold3 5Gを愛用していますが、大きな変化こそはないものの、折りたたみ時の隙間が無くなったと考えると、成熟されていっています。

そろそろGalaxy Z Fold3 5Gを購入してから1年7ヶ月ほどが経つので、Galaxy Z Fold5に機種変するのが楽しみです。

参考情報

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

2002年生まれ、自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 5、最近はAngenieuxのレンズにハマってます。

⇨CloNisの記事一覧