Twitter、読んでない記事をリツイートしようとすると注意されるように

Twitterにて10月22日より、読んでない記事をリツイートしようとするとリンク先の記事を読むようリマインダーが表示されるようになりました。リツイートは慌てず、まずはしっかり読んでからやりましょう。

Google playTwitter
Twitter
制作: Twitter, Inc.
価格: 無料

ダウンロード

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ちゃんとリンク先を読んでからリツイートしよう

Twitter公式で記事リンクの付いたツイートをリツイートしようとすると、それをTwitterで開いてない場合には「まずは記事を読んでみませんか?」という注意書き(リマインダー)が表示されるようになりました。iマークをタップすると「見出しだけでは全体像が見えないこともあります」と記事を読むことを勧められます。

Twitterカードの設定をしてあるページであれば、サムネイルや記事タイトルも表示されます。ただ、ほかにもなにか設定が必要なのか、サイトによっては読まないでもこの表示が出ず、通常通りリツートできるものがあります。(おそらくこのサイトもそうです。)


記事タイトル、特にウェブ上の記事タイトルは煽り的と言いますか、なるべく興味を引くように書かれることがありますので、中をちゃんと読めば印象の変わるものもあります。それらをむやみに広めてしまうのは良くないこともあります。反射的にRTする前に、ちゃんと中身を確認するようにしたいですね。

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧