モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」が7月1日より料金改定

モバイルバッテリーシェアリングのChargeSPOTは2024年7月1日9時より、料金体系を改定すると発表しました。20分以上1時間未満の場合は値下げになりますが、そのほかは基本的に値上げになります。

なお、定額制の「ChargeSPOT Pass」は料金据え置きになります。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

7月1日より料金改定

ChargeSPOTは2018年にサービス開始し、2024年3月には月間レンタルが約160万回になりました。週末の都心部などでは、需要がピークに達する時間帯にバッテリーが不足する事態も発生しており、これを解消し必要な人に必要なタイミングで効率よくバッテリーが行き渡ることを目的として今回の料金改定を行うとのことです。

【利用料金改定実施日】
2024年7月1日(月)9:00以降に開始されるレンタルより

【利用料金内容】

1時間未満 330円
1時間から3時間未満 430円
3時間から6時間未満 500円
6時間から12時間未満 570円
12時間から24時間未満 640円
以降24時間毎 +360円

参考情報

  • 本記事に記載された内容は記事公開時点のものであり、必ずしも最新の情報とは限りません。記事をご覧いただく際には、最新の情報を確認するようお願いいたします。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧